布団丸洗いのススメ

押入れに入れる前に

半年に1回お布団を丸洗いすることをおすすめします。


布団は、人から出るフケ・アカなどを食べているダニ達の温床となっています。
押入れに入れている間も、布団に付いた汚れをエサとしてダニ達は増殖していきます。
ダニやその卵、フンや死骸などはアレルギーの原因(アレルゲン)となり、赤ちゃんや小さいお子様のためにもよくありません。

定期的に布団クリーニングをして汚れとアレルゲンを洗い流し、スッキリ清潔に保つようにしましょう。
半年に1回以上の丸洗いが望ましいですが、少なくとも1年に1回は布団を丸洗いすることをおすすめいたします。

 

こんなお布団は洗えるの?

 

洗濯表示が「ドライ」の羽毛布団

ドライと表示がされている羽毛布団はクリーニング出来ないと思われるかもしれませんが、専門技術であれば基本的には洗えます。
昔は、中の羽毛が傷むので羽毛布団は水洗いができませんでしたが、技術革新が進み、中の羽毛を傷つけることなく洗浄することが可能になりました。

羽毛布団は吸湿性に優れている反面、汗の汚れがたまりやすく定期的に布団クリーニングが必要な素材です。
当店は布団クリーニングの専門店ですので、独自の洗浄方法により羽毛を傷つけることなく洗浄出来、汚れで固まった羽毛を優しくふっくら仕上げます。