布団丸洗いのススメ

布団丸洗いの必要性

布団も服と同じくお洗濯

私たちの日常生活において衣類は必要不可欠なものです。そしてそれらはほぼ毎日必ず洗濯します。

ではなぜ洗うのでしょうか?

人は生きていく上で絶対に汗をかき、それと同時に皮脂も分泌します。

汗は体温調整、皮脂は表膚の保護と役割がありとても大切なのですが、繊維物にはこれがとても厄介なのです。

 

汗と皮脂


汗の成分はご存知のとおり尿に近いもので、酸・アルカリ・塩などの繊維を傷めるものを多く含んでおり、特にアンモニア化合物は繊維そのものをもろくします。

皮脂はその名のとおり『あぶら』であり、空気中の酸素によって酸化を起こし、黄色物質になってしまいます。表膚上に付着している細菌の影響により臭いも発生します。

それらを防ぐためにも、毎日は難しいですが、お布団も定期的にお洗濯する必要があるのです

 

汗がお布団を傷つける


人は一晩に約180cc(コップ1杯)の汗をかくといわれています。

パジャマやシーツも一晩にかいた汗の一部を吸収してくれますが、ほどんとは布団が吸ってしまいます。
掛布団には約30%、敷布団には約70%の汗が吸収されてしまうのです。

汗に含まれる成分、酸・アルカリ・塩・アンモニア化合物などが布団の繊維を傷つけ、わたの復元力や保温力を低下させてしまいます。

アレルギーの原因


汗や皮脂により布団が傷むことはご理解いただけたと思いますが、もっと厄介な存在がダニです。

ダニにも種類は様々なのですが、日本家屋内で特に見られるのがチリダニ類です。チリダニ類そのものは人体に無害なのですが、ダニのフンや死がいが、アレルギーの原因物質(通称アレルゲン)となってしまうのです。

日本は特に湿度の高い気候で、しかも近年だんだん高気密の住宅が多くなっており、かつエアコンの普及により部屋はぬくぬく換気も不足、ますますダニの繁殖を助長してしまっています。

ダニは目に見えないほど小さな存在なので 私たちも意識することが少ないかと思いますが、
日本家屋内においてダニのいない家はありません。(旧厚生省の検査でも実証されています)