社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

VOL.67 クリーニングトラブル-ベロア調素材のパイル脱落2018年11月21日 (水曜日)

広島で即日仕上の布団クリーニングができる『クリーニング大野屋』の政木です。

VOL.66では、モール糸のパイルが脱落した事例を紹介しましたが、今回は、モール糸と同様に冬物衣料に人気の素材として使用されることの多い、ベロア調素材のパイル脱落を紹介します。

品名:スカート

素材:綿98%、ポリウレタン2%のよこパイル織物

取扱い絵表示:ドライマーク

■ 衣類の状態
スカートの前腰付近両脇部分のパイルがよこ方向の筋状に脱落し、基布が露出している。

利用者がクリーニングから返却された後に確認したところ、パイルが消失していることに気付き、申し出があったもの。

いつの時点で生じたものかは分からない。

■ 原因

着用で繰り返される物理的な作用でパイルが脱落したものと推定され、クリーニングにより拡大した可能性が考えられる。

■ 事故の防止対策

パイル織物の製造に関しては、摩擦などの物理的作用に対して十分な強度を持たせることが望まれる。

クリーニングでの受付時には裾まわりや、ズボンであれば膝裏やポケット口、上着では衿周りや衿先、袖口など着用で摩擦を受けやすい部分のパイルの状態を十分に点検する。

さらに、利用者にはクリーニング処理により着用摩擦を受けやすい部分のパイルが脱落する可能性があることを説明し、了解を得た上で処理することが望まれる。

 

今回の事故品に使われているベロア調素材は、よこ糸でパイルを作るよこパイル織物に該当する。

同じよこパイル織物のコーデュロイは、たて方向にうねが出来るのが特徴で、カジュアル衣料に使われることが多い。

一方、ドレスやコート、装飾品などに使われるベルベットは、たてパイル織物の代表で、素材は絹、ポリエステル、レーヨン、綿など光沢が強いのが特徴。

※[クリーニングニュース]より引用

弊社工場でも、ベロア調素材のパイル脱落は見かけることがあります。

すでに脱落した品物においては、現状以上に脱落する場合があることを、お客様に伝える事が必要です。