社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

60代以上の約7割が「65歳以上も働き続けたい」2018年9月23日 (日曜日)

広島で宅配クリーニング(布団・ジュータン・衣類)もしている『クリーニング大野屋』の政木です。

働く高齢者が増えるなか、60代以上の約7割の人が65歳以上になっても働き続けたいという調査結果が発表された。

日本生命が全国の男女約7500人にアンケートした結果、65歳以上になっても働きたいと答えた人は全体の半数近くに上り、60代以上では7割が働き続けたいと回答したとのこと。

元気だったら長く働きたいという意見や、少しでも生活費の足しにしたいという考えもあり、1割近くの人は「75歳以上も働きたい」としているようだ。

また、退職時までにためておきたい金額は平均で2880万円。

ただ、60代、70代の6割以上が目標金額を貯められなかったとしている。

※[ANNnewsCH]より引用

昨日のブログにも書きましたが、高齢者の『働き方』は中小企業にとっても重要です。

1割近くの人が75歳以上も働きたいと思っているなか、『クリーニング大野屋』でも75歳以上の方が1人おられます。

元クリーニング店を経営されていた方ですが、アイロン仕上げを短時間労働されています。