社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

5月31日は『世界禁煙デー』2018年6月1日 (金曜日)

広島で即日仕上の布団クリーニングができる『クリーニング大野屋』の政木です。

他人のタバコの煙などを吸い込む受動喫煙を、どう防げばいいだろう。

『分煙』では健康被害を防ぎきれないと訴える声は、強まっている。

喫煙後のエレベーターの利用を制限する自治体や、喫煙者を採用しない企業も出てきたという。

厚生労働省の研究班が2016年にまとめた受動喫煙が原因の年間死亡者は、推計で1万5千人に上る。

肺がんや心筋梗塞に加え、脳卒中との関係が明らかになり、10年の推計値から8千人余り増えた。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険も高まるとのこと。

■ 「嫌」と感じる人

広島県医師会は、16年に約3800人に意識調査をした。

受動喫煙の最も多かった場所は、飲食店。

全体の3割が、月1回以上の受動喫煙があったと答えた。

受動喫煙を嫌だと感じる割合は、吸わない人で9割、過去に吸っていた人は8割。

吸っている人も6割に上った。

国の16年の国民健康・栄養調査でも、たばこを吸わない人が1カ月間に他人のタバコの煙を吸った割合は、飲食店が最多の42.2%だった。

遊技場、職場、路上が3割を超した。

15年の調査では、30.5%が飲食店での受動喫煙の防止対策を求めた。

※[中国新聞朝刊]より引用

広島県では、138カ所の地方自治体や関係団体などで啓蒙活動を実施しておられます。

対策を強める企業も増えているようです。

帝国データバンクの昨年の調査では、『全面禁煙』としている企業は22%。

たばこを吸う人を採用しなかったり、吸わない社員に有給休暇を与えたりする動きも出ているようです。

私も喫煙者ですが、『世界禁煙デー』の5月31日に禁煙にチャレンジしてみました!

因みに、1965年男性の喫煙率は82.7%でしたが、昨年は男女合わせて18.2%まで低下しているようです。