社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

臭気とペット(猫・犬)とクリーニング❷2018年10月29日 (月曜日)

広島で宅配クリーニング(布団・ジュータン・衣類)もしている『クリーニング大野屋』の政木です。

■ 猫の尿が臭うのには理由があります!

猫の祖先は、水が少ない砂漠の地域に生きていた動物です。

砂漠では、水は貴重で沢山の水を飲むことが出来ませんので、少ない飲み水で生きていけるような体質です。

それは、飲んだ水分を少しでも無駄にすることなく体に取り込み、循環させているからです。

その為、猫の尿は成分が濃縮され他の動物より臭いがあります。

尿の悪臭成分でよく知られるのは『アンモニア』ですが、猫の尿には『フェリニン』という独特の物質も含まれています。

それが空気に触れると悪臭を放つ物質に変化するので、あのような悪臭となります。

■ 犬にも体臭があります!

犬は、脂っぽい汗を出す『アポクリン汗腺』が全身にあります。

汗は出た瞬間は無臭ですが、皮膚表面の雑菌に分解されて臭いが発生します。

また、人間の加齢臭のように犬も年齢が上がるにつれて体臭が強くなります。

ところが、猫には体臭はほとんどありません。

※[ライトニュース10・11月号]より引用

汚れは、目に見えるものだけではありません。

目に見えない汚れや臭いに対しては、クリーニング店にご相談下さい。

『クリーニング大野屋』では、こうした汚れや臭いのあるものは『別洗い』をします。

さらに『消臭加工コース』もあります。

特に、寝具類に良く利用されています。