社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

第62回有馬記念回顧〜キタサンブラック鮮やか逃げ切り2017年12月25日 (月曜日)

広島で即日仕上の布団クリーニングができる『クリーニング大野屋』の政木です。

引退レースに臨んだファン投票1位で1番人気のキタサンブラック(武豊騎乗)が2分33秒6で優勝し、1着賞金3億円を獲得した。

キタサンブラックは、好スタートから逃げてコース内側を軽快に進み、一度も譲らず快勝した。

1馬身半差の2着は8番人気のクィーンズリング、さらに鼻差の3着は11月のジャパンカップ優勝馬シュヴァルグランだった。

※[中国新聞朝刊]より引用

中山2500㍍芝16頭フルゲートで行われた有馬記念GⅠは、キタサンブラックの強さだけが残るレースとなりました。

2着に1馬身半をつけた逃げ切り勝利で、配当は、単勝190円、枠連❶❷1600円、馬連②③3170円、馬単②③3810円、3連複②③⑩5420円、3連単②③⑩25040円など。

私は、ヤマカツエースとキタサンブラックを中心に馬連と馬単を購入しました。

馬券は、馬単が的中しました。

これでキタサンブラックは、GⅠレース7勝目となり、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカと並び、名実ともに歴史に残る名馬となりました。