社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

無糖炭酸 バブル的人気!?2018年10月7日 (日曜日)

広島で即日仕上の布団クリーニングができる『クリーニング大野屋』の政木です。

無糖炭酸飲料の人気が止まらない。

お酒を割る用途にとどまらず、清涼飲料水として浸透してきた。

飲料大手によるブランド強化や新規参入が奏功し、市場は活性化。

定番のプレーンやレモン以外に、果物などの風味付き商品も続々登場している。

安さに加えて消費者の健康志向も追い風で、専門家は「ジャンルとして定着した状況だ。まだまだ伸びる」と分析する。

無糖炭酸飲料の市場は、右肩上がりだ。

市場調査会社インテージによると、2017年の市場規模は238億円で、13年の163億円から46%増となった。

※[夕刊フジ]より引用

無糖炭酸飲料は弊社に設置してある自販機にもあり、飲む機会が増えました。

ただの水では物足りないと思う時に、また『気分転換』したい時に飲んでいます。

確かに、市場は伸びているように思います!