社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

日本シリーズ カープ初黒星 タイに2018年10月31日 (水曜日)

広島で即日仕上の布団クリーニングができる『クリーニング大野屋』の政木です。

30日、ヤフオクドームで行われたプロ野球のSMBC日本シリーズ2018の第3戦は、広島が8ー9でソフトバンクに敗れ、対戦成績は1勝1敗1引き分けのタイとなりました。

広島は先発の九里投手が4回、2四球をきっかけに2点を先制され、5回にはメヒアの2塁への悪送球があり痛恨の失策。

試合の流れはソフトバンクへ行ったかと思われましたが、広島の打線もソフトバンクを上回る16安打を放ち脅威の追い上げを見せました。

しかし、敗れました。

私が注目したのは、3回の広島の攻撃1死満塁のチャンスに菊池、丸が連続三振となったこと。

広島は必ずと言って良いほど、ランナーを3塁において、1死後の攻撃にスクイズはありません。

しかも、ここでの3塁走者は野間で、足の速い選手でした。

何か工夫をしても良いと思いますが・・・

『逆転の広島』でリーグ優勝したのですから、仕方ないのかもしれませんが、初対決の投手には弱いし、短期決戦の日本シリーズです。

第1戦でも同じ場面がありました。

2点を先取した1回裏1死後の3塁走者誠也の場面も、野間が三振でした。

これで振り出しに戻りました。

第4戦は野村が予告先発、がんばれカープ!!