社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

子ども 37年連続減少〜過去最低更新2018年5月6日 (日曜日)

広島で宅配クリーニング(布団・ジュータン・衣類)もしている『クリーニング大野屋』の政木です。

総務省が発表した人口推計によると、外国人を含む14歳以下の子どもの数は1553万人で前年より17万人減った。

現象は、37年連続。

総人口に占める割合は12.3%で、人数、割合とも比較可能な統計がある1950年以降の過去最低を更新、少子化に歯止めがかからない状況が続いているようだ。

内訳は男子が795万人、女子が758万人。

3歳ごとの年齢層別では、326万人の12〜14歳に対し、0から2歳は293万人。

年齢層が低くなるほど少なくなっており、総務省は「出生数の低下が影響している」としている。

割合は、75年から44年連続の低下。

子供の数は、54年の2989万人がピーク。

第二次ベビーブーム(71〜74年)があった70年代にいったん増えたが、82年からは減り続けている。

都道府県別のある2017年10月1日時点のデータで見ると、子どもの数が前年より増えたのは東京のみで、46道府県で減った。

また、国連人口統計年鑑によると、人口4千万人以上の32カ国のうち日本の子どもの割合は最も低く、各国の推計時点は異なるものの、ドイツの13.2%や韓国の13.1%を下回っているとのこと。

※[中国新聞朝刊]より引用

出生率の低下で子どもの数が減少するなか、なぜ待機児童数が減らないのでしょうか・・・⁈

近年では結婚し専業主婦になるより、子育てをしながら働く女性が増えたと考えるべきです。

国政で真剣に協議するべきことだと、思います。

少子高齢化がますます進むなか、『子育て支援』を重点的な課題として取り組んで欲しいものです。