社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

回転不足の判定は驚き〜平昌五輪フィギュア団体 女子SP2018年2月12日 (月曜日)

広島で丁寧な仕上の衣類クリーニングをしている『クリーニング大野屋』の政木です。

団体女子SPでの宮原の滑り自体はすごく良かった。

点数は思ったより出なかったが、全体的にはいい感じに仕上がっていた。

スピンもステップも全て最高難度のレベル4。

これまでの中でも演技としては一番良かったんじゃらないか。

冒頭のルッツ〜トーループの2連続3回転ジャンプは大丈夫だと思ったので、両方とも回転不足を取られたことには驚いている。

ジャッジの判断で変わるところがあるものなので、あまり気にせずにそのままの状態をキープしてほしい。

演技点が伸びなかったのは個人戦への課題だが、表現力に定評があるイタリアのコストナーの直後だったのが影響したかもしれない。

※[中国新聞朝刊・プロの視点 本田武史]より引用

初めての五輪を滑りきった宮原を、私はテレビで見ました。

演技を終えるとガッツポーズを見せ手応え十分でしたが、自己ベストには及びませんでした。

完璧だと思って見てましたが、回転不足を取られ残念でした。

しかし、個人もあるので修正すれば、きっと大丈夫・・・

頑張れ宮原、頑張れ日本!!