社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

味は『真鯛』でも半額以下〜淡水魚『いずみ鯛』とは⁈2018年6月28日 (木曜日)

広島で即日仕上の布団クリーニングができる『クリーニング大野屋』の政木です。

大手スーパーで、販売が始まったばかりのお刺身だ。

見た目や味が高級魚の真鯛にそっくりなのに、値段は真鯛の半額以下ということで人気のようだ。

鯛の仲間の魚だろうか?

鯛とは全く関係のない淡水魚だった。

大手スーパーが、先月末から売り出し始めた。

その名も『いずみ鯛』。

高級魚の真鯛と味がそっくり?

さらに注目なのは値段。

見た目はほぼ同じだが、いずみ鯛は真鯛の半額以下だ。

いずみ鯛とは一体どういう魚なのか?

この魚はアフリカなどに生息する淡水魚で、本当の名前は『ティラピア』。

ティラピアは約50年前にも食用として出回ったが、独特の臭みなどから受け入れられなかったという。

しかし、現在では養殖技術が向上し、与える餌の品質を改善するなどしたことで生臭さが解消できたという。

※[ANNnewsCH]より引用

いずみ鯛(ティラピア)は、成長が速く飼育コストも安いといいます。

果たして普及するのでしょうか?

魚好きな方は、一度試食されてみては・・・