社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

健康寿命ますます長く〜男性72.14歳、女性74.79歳2018年3月14日 (水曜日)

広島で丁寧な仕上の衣類クリーニングをしている『クリーニング大野屋』の政木です。

厚生労働省は、介護を受けたり寝たきりになったりせずに『健康寿命』が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表した。

前回調査の2013年(男性71.19歳、女性74.21歳)から男性は0.95歳、女性は0.58歳延び、元気に過ごせる期間は、ますます長くなった。

健康寿命は、3年ごとの数値が発表されている。

厚労省は「健康で長生きが理想」として、平均寿命との差をできるだけ短くすることを目指している。

16年の平均寿命との差は男性8.84歳、女性12.35歳で、縮小傾向が続いている。

厚労省の担当者は「健康のためには栄養管理や運動習慣が大切との啓発を進めてきており、意識が高まった結果ではないか」と、分析している。

都道府県別で健康寿命が最も長いのは、男性が山梨県の73.21歳、女性は愛知県の76.32歳。

最も短いのは男性が秋田県の71.21歳、女性が広島県の73.62歳だった。

同省の担当者は「山梨はがん検診の受診率が高く、愛知は健康づくりを推進するための市民ボランティアを養成している」と、上位県の取り組みを紹介した。

※[中国新聞朝刊]より引用

広島県は男性が71.97歳で27位ですが、女性がワーストナンバーワンとは、驚きです!(熊本県を除く46都道府県)