社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

あおり運転回避7か条2017年12月30日 (土曜日)

広島で丁寧な仕上の衣類クリーニングをしている『クリーニング大野屋』の政木です。
年末年始になると高速道路の渋滞と気を付けたい『あおり運転』。
自動車ジャーナリストの佐藤氏は以下のように話されています。
① 相手を先に行かせる。→先に行かせることに尽きる。
② 左車線によけた際は、相手の車の方を見ないこと。
→「『目が合った』と幅寄せされる例もある」としたうえで、「あおってくる相手が最も悪いのには違いないが、道交法に違反して追い越し車線にとどまっている車が多いのも事実のようです。
③ 追い越し車線で車を抜いたら安全に配慮しつつ、すぐに走行車線に戻ることが大切。
④ エアロパーツをつけた高級ミニバンやSUVタイプの車に乗るサラリーマン風の人が多いという印象。
そうしたドライバーは、ものすごいスピードで迫ってくるので・・・
⑤ 10分に1度は後方を確認する。

逆に、前を走る車からあおり運転と受け止められてしまうケースにも注意

⑥ 2秒弱後に同じ場所を通り過ぎるぐらいで運転する。

パーキングエリアでのトラブルの場合

⑦ パーキングエリアでいざこざに巻き込まれたら、その場にとどまるべき。
→周囲の人もいるから相手も大きく出ることはないはず。相手と離れてから出発するよう心がける。
※[夕刊フジ]より引用
年末年始の高速道路での渋滞も嫌ですが、あおり運転にも注意が必要です。
また、雪で凍結した場所を走る時にも注意しましょう。
『クリーニング大野屋』では、12月31日~1月4日の期間を年末年始休暇とさせていただきます。
休業期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
また、年末年始はブログもお休みをいただき、新年は1月5日より始めます。
来年もよろしくお願いします。