社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

『ブート品』とは?2018年7月11日 (水曜日)

広島で即日仕上の布団クリーニングができる『クリーニング大野屋』の政木です。

高級ブランドのロゴを無断使用した古着を販売目的で所持したとして、男女2人が商標法違反の疑いで逮捕されましたが、ブート品で逮捕されたのは全国初のこと。

このうちの1人の男性は、テレビ番組『開運!なんでも鑑定団』に鑑定士として出演したこともある人物、滝沢容疑者でした。

コピー品とブート品との違いとは

ブート品とは、アメリカで1980年に流行した高級ブランドの偽物で、勝手に購入ブランドのロゴを使用したものであり、1980年代のアメリカで大量に作られました。
偽物と分かっているが、古着業界で『ブート品』として人気になっているという。
コピー品とブート品の大きな違いは、デザイン性です。
ブート品は独自のデザインとなっていて、勝手にブランドのロゴをあしらったもの。
こうしたブート品は、商標権を侵害したことになります。
ブート品と知った上で買付けをして、販売する行為が犯罪になるのです。
今回逮捕された男女は、全国初となり今後ブート品の検挙数も増えるかも?
※[Workers Magazine]より引用
クリーニング業界では高級ブランドの品物も見かけますが、中には「コピー品なので、普通のクリーニングで」と、お願いされる場合もあります。
私たちでは本物かどうかわからないので、お客様に上代など詳しく聞く場合もあります。
今回のブート品は、初めて知りました。