社長のお悩み相談ブログ お客様の声から新たなサービスの創造に

『サブスクリプション方式』とは?2018年5月7日 (月曜日)

広島で丁寧な仕上の衣類クリーニングをしている『クリーニング大野屋』の政木です。

『サブスクリプション』って、聞き覚えのない言葉ですが『定額制』と書くと、分かりやすいです。

『サブスクリプション方式』はビジネスモデルの1つで、利用者はモノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式。

従来型ビジネスモデルとは違い、「Yシャツを定額で使い放題」「ブランドバックを毎月レンタル」さらには「高級時計を定額でレンタル」や自動車、洋服、コスメ、シェーバーなどのモデルが取り入れられています。

これらは、消費者視点で見れば「モノを“所有”するのではなく、必要に応じて“利用”する消費スタイルへ転換」です。

★ プロダクト販売型ビジネスモデル(従来型)
顧客が欲しいと思われる機能を取り入れ、つくり、売るというビジネスモデル。

★ サブスクリプション型ビジネスモデル
必要に応じて必要な量だけのサービスを提供する。

以上、『サブスクリプション方式』の解説でした。