よくあるご質問

よくあるご質問

□ご注文に関して

 

Q・丸洗い後のふとんお届けについて

 

A・お申し込みの住所(ご自宅)へお届けします。布団発送後の住所変更はできません。また、2個以上同時に出された場合でも、ふとんの特性や処理工程の都合上、別々の返却となる場合があります。

 

□お手入れについて

 

Q・丸洗いしたふとんの収納はどうしたらいいのですか?

 

A・乾燥機にかけたふとんは、洋服のクリーニングと同様、多少湿気を含んでいます。そのため、丸洗い後のふとんが戻ってきたらできるだけ早く袋から取り出し、2~3時間陰干しし、湿気を飛ばしてから収納してください。

 

Q・丸洗いしたふとんは、ふとん圧縮袋で保管していいのですか?

 

A・衛生面から見ても、丸洗い後のふとんを未使用のままふとん圧縮袋に入れて保管しても問題はありませんが、中わたのために当社ではおすすめしておりません。

 

Q・ふとんは天日に干したり、叩いたりしてもいいのですか?

 

A・干しても叩いても、ダニは減りません。確かにふとんを日光に当てるとダニは逃げますが、ふとんの外ではなく日の当たらない反対側へ逃げてし まうだけです。叩くことでダニの死骸やフンが表面に浮き出て、寝たときに肌に付着したり、細かく砕かれた死骸やフンを吸い込むことになります。陰干ししま しょう。決して叩かないことがコツです。

 

Q・丸洗いの頻度はどのくらいが適切ですか?

 

A・厚生労働省では旅館やホテルなど宿泊業に対して「ふとんとまくらは6ヶ月に1回以上丸洗いを行うことが望ましい」と、通達を出しています。 この通達では、「100cm2あたりに換算したときのダニが1匹以下」になるように指導しています。

これは丸洗いがふとんのダニ除去に効果的で、この方法 でふとん内のダニを数匹以下にできることを厚生労働省が認めていることにほかなりません。

一般家庭でも半年に1回の丸洗いが望ましいといえますが、少なく とも1年に1回の丸洗いをしましょう。

 

□一般的なご質問

 

Q・ドライクリーニングですか?

 

A・洗いの基本はウェットクリーニング(水洗い)です。ふとんの汚れは水溶性なので、水洗いが最適です。きれいに汚れがおちるとともに、ダニの成虫・幼虫・卵を死滅させて、中わたの汚れと一緒に洗い流すことができます。

ドライクリーニングでは、汗の成分など水溶性の汚れを落とすことができないだけでなく、ダニの死骸やフンを洗い流すことはできません。

 

Q・縮んだりすることはありますか?

 

A・ふとんの種類により、多少の縮みや色落ちが生じる場合もあります。羽毛・綿わたはほとんど縮むことはありませんが、羊毛は、もともと水につ けると縮む性質を持っているため、縮みが生じることはあります。また、どんす・りんずなどは色落ちします。ご不明であれば、必ず事前にお問い合わせくださ い。

 

Q・カビや黄ばみはとれますか?その場合、追加料金は必要ですか?

 

A・5年~10年もの長い間、洗浄していないふとんの黄ばみは落ちにくいのです。中わたはしっかり洗浄されているため、洗浄後は、シーツを取り 換えたようなサッパリ感があります。黒い点のカビについては、通常の丸洗い工程で目立たない程度に落とすことができますが、カビの種類によっては残ること もあります。なお、特別追加料金は必要ありません。

 

Q・シミはとれますか?

 

A・時間が経過したものや天日に当てたシミの多くは、化学変化して繊維に固着するので、汚れは落ちてもシミが多くが残る場合があります。

また、シミ抜き作業は生地を弱くする原因になります。シミのついたふとんは家庭でシミ抜きなどの処理をせずに、こすらず、そのまま出していただきます。こすると繊維に傷がつき、シミが深く入って取れにくくなります。

なお、ペットのおシッコの臭い・火事にあったふとんの臭い(燻煙)は、落ちないこともあります。

 

Q・防ダニ処理はしてないのですか?

 

A・防ダニ処理の加工剤を使用しても、効果はあまり持続しないため、特別な「防ダニ処理」は行いませんが、熱乾燥による滅菌を行います。
また、防ダニ用の加工剤(薬剤)は、皮膚に影響を及ぼす危険性が高いため、取り扱いしていません。

丸洗いで汚れを落とすことで、ダニのエサがなくなるので、薬品を使わなくても、増殖を抑えることができます。

 

Q・汚れ落ちについて

 

A・落ちるもの:例

  • 最近つけたシミ(血液などのタンパク質系の汚れ含む)
  • 中わたの汚れ(わたほこり・おねしょ・雑菌など)

おちないもの:例

  • 古いシミ(酸化している為、無理に落とそうとすると、側生地の損傷につながる)
  • カビ(菌は死滅するが、黒い斑点がのこる)
  • 動物の糞尿のニオイ(薄くなるが)
  • 油性ペン
  • 蛍光マーカー